2009年07月01日

キット作成

実際の製作にむけて、はんだ付けの練習ということで目覚まし時計を作りました。

キットになっているので説明書通り作ればいいのですが、まあクオリティーを求めているのでYouTubeで見たきれいなはんだ付けの方法と、キットに入っていた「はんだ付け虎の巻」を参考に製作していきました。

正直、はんだ付けは中学以来とはいえ、あのころの記憶から「そんなに難しくない」と考えていました。しかし…

作り始めると、思った以上にうまくはんだがついてくれない!!あんまり時間をかけると抵抗やICが壊れてしまうらしく…(((゚д゚;)))ガクブル
はんだごてをつける時間が長いとはんだに粘りが出てきてつのが立ってしまったり…

慎重に進めていくうちに、はんだ付けにも慣れ、何回かうまくつけられました(^ω^)本番ではコンスタントにきれいなはんだ付けができることをめざしたいです。はい。
あとはスピーカに磁石入ってるので、はんだごてがくっついて焦りました。死ぬかと思った。。。

さあ、迎えたお披露目当日。。。
電池を入れて、起きる時間を決めて、針を回す!さあ、鳴ってくれ!!
………ん?作ったその日は鳴ってくれたんです。他の人のをまず紹介してもらって、もう一度…!

鳴りました。が、なんか微妙におかしかったです。
なんでだよ!(´Д`)

SH350017.jpg
SH350016.jpg

posted by 電子・電源班 at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。